*

スコットランドが独立したらポンドはどうなるか?18日は要注意

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

9月18日は何の日でしょうか?
もうすぐですからカレンダーに印をつけておくべきですね。

知らないと、無駄な損失をするかもしれません。

9月18日はスコットランドがイギリスから独立するかどうかの住民投票が行われる日です。

もともとイギリスは四つの王国の連合国で正式名称が「グレートブリテインおよび北アイルランド連合王国」です。中学校の時にそういえば習ったかな…。

4つの王国とは

イングランド
スコットランド
北アイルランド
ウェールズ

サッカーはそれぞれの国代表が認められていますね。イギリス代表ってそういえばないです。

卒業式で歌われる
「蛍の光」なんかはもともとスコットランド民謡です。

スコットランドは昔から独立したいという潜在的な欲求があり、現在ピークに達しています。

スコットランドが独立するとイングランドが経済的に困ることがあります。
・核基地問題
→スコットランドに現在あるが、移転するとなるとかなりのお金がかかる。
・北海油田の利権
→スコットランドが近い

独立した時にポンドはどうなるのか?
一応、もし独立してもスコットランドはそのままポンドを使い続けるとは言っていますが市場の不安感は根強いです。

スポンサードリンク

読売新聞は以下のように書いてあります。

もっとも独立後の経済への懸念は強く、これまでの世論調査では一貫して独立反対派が優勢でした。このまま反対派が勝利すれば、スコットランドは従来通り英国内に留とどまることになり、混乱を嫌う為替市場は安堵あんど感からポンド買いにつながるとみられます。

賛成多数となった場合、直後の反応としては、分離による残存する英国の経済規模の縮小、また独立後の混乱を嫌気してポンド売りとなる可能性が高いでしょう。

強弱両材料が交錯しており、また国の債権・債務の分割などは英国とスコットランドとの間の交渉で決まる部分も大きいため、現時点ではポンドへの長期的な影響がはっきりしないのが実情

ロイターはポンドドルの予想変動率が上昇していることを報道しています。

これらまとめると
・今のところ、独立反対派が優勢
・独立しない→安堵感からポンド買いの可能性
・独立する→不安感からポンド売り
・ボラティリティはかなり高くなる予想

ということとなります。(もちろんこの通りになるという保障はありません。可能性が高いということです)

 

 

 

*このサイトは個人投資家が個人の見解を掲載したものです。
あくまで参考にしていただくというものであり、また、個人で記録を残すことにより頭を整理することを目的に書いているものであって、勧誘したり助言したりするものではありません。
このサイトに書いてあることを元に投資判断をして損失を被っても補償することはできません。
投資はあくまで自己責任のもと、ご自身の最終的判断でお願します。

 

 

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

米国債を売却の影響は中国に何をもたらすか?

中国が米国債を売却することによって中国はどんな影響をうけるのか?どんな影響を狙っているのか?

記事を読む

2月19日ドル崩壊説の根拠を話半分で聞くことで意外と勉強になる

「2016年2月19日ドルが完全崩壊して経済が破壊される」 と訴えるのは、昔から時々、興味深いけど

記事を読む

no image

中国は巧みな話術でチャイナショックを起こさせない?/株価暴落説がいくつか

ランド円調整下落入り ランド円は先週から明らかに調整下落入りしていますね。 ただ他の通貨、ド

記事を読む

no image

今度こそストの進展あるか?ランド円はしっかり

出典:http://www.enca.com/south-africa/attempts-b

記事を読む

no image

今週は黒田日銀総裁発言・FOMCに注意 

最近ニュース ・ナイジェリアが南アのGDPを超える http://www.afpbb.com/ar

記事を読む

lamd0916

原油価格の下落が続く理由/スコットランド住民投票後を予想

上記が原油先物の日足チャートです。 ご覧のように、ウクライナ問題勃発あたりから急速に下げて

記事を読む

no image

ウクライナ情勢が0から分かりやすいように整理すると見えてきたこと。今日の最後通告で正午にも事態が変わるかも

おはようございます。反為です。 ウクライナ情勢が緊迫しております。 その前に新興国で

記事を読む

china-519115_1280

中国人民元暴落!切り下げ2%の意味を知っておくことで見えてくる未来

12日中国が通貨切り下げ2%を断行しました。(正確には1.8%ほど) 一見、例えば日本で言えば

記事を読む

no image

離職率が高い業種と低い業種の、決定的な違い

  NHKで離職率について報道していたので私のセンサーが反応してしまいました

記事を読む

euro-643035_640

9月13日を金融界が恐れる理由

9月13日に株や為替など市場において何かが起こるのでは... そんな噂が広がっていますね。その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑