*

セオドア・バン・カーク氏・広島原爆投下機最後の搭乗員が死去 広島原爆投下の理由で絶対知っておきたい教科書には載っていない8つのこと

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

今日は時事ニュースの話です。

本日セオドア・バン・カーク氏・広島原爆投下機最後の搭乗員が死去というニュースがyahooニュースで流れました。

もともとあのおぞましい原爆投下の最終決定は「トルーマン大統領」であり、搭乗員は命令に従うのみですので拒否することもできませんのでセオドア・バン・カーク氏についてどうこう言うことはできないでしょう。
カーク氏自身は「絶対に降伏しない、敗北を受け入れないとされていた敵と戦っていた。倫理性と戦争を同じ文章の中で語るのは実に困難だ」と語っています。
ただし、この「絶対に降伏しない、敗北を受け入れないとされていた敵」というのは歴史を知っている人ならアメリカ幹部が、軍部に思い込ましていた嘘だとわかるでしょう。
東條英機をはじめとした日本は戦争を終わらせる道を必死で模索していました。このことを多くの人は知らず、アメリカ側の主張である「戦争を終わらせるためにやむ終えず原爆投下をした」と信じている人がいまだに少なくないことが残念でなりません。

そこで、最近私がよくやるのですが、簡単に理解できるように箇条書きをしてみました。
以下、まだまだ私の勉強不足もあるとは思いますが、日本人として知っていて欲しい、
広島・長崎への原爆投下で絶対にしっておいて欲しい8個のことです。

1、日本の内閣は戦争の不拡大の道を模索して、何度もアメリカと交渉したが、ハルノートという悲惨な条件を飲まなければ受け入れられないとされて、「やむなく」戦争を拡大するに至った
2、アインシュタイン・アイゼンハワー将軍をはじめ、その他、トルーマン大統領側近、軍の中で、人に対して核を使うということに反対する勢力はもちろん多くあった
3、それでも強行したのはトルーマン大統領であった

4、広島にはウラン型、長崎へはプルトニウム型とそれぞれ違うタイプの原子爆弾が使用された。違うタイプを試したいという実験的要素があったであろうと推測できる
5、その後「ABCC」(原爆傷害調査委員会と訳されたアメリカ軍施設)が設置され、被爆者を観察する機関が持たれた。治療は決してしない。(被爆者の血液採取、傷やケロイドの写真、成長期の子どもたちの乳房や体毛の発育状態、さらには被爆者が死亡するとその臓器の摘出など、さまざまな調査、記録を行なった)つまりは完全に実験対象としての原子爆弾投下だといえると推測できる。
6、日本の核武装を唱える人たちは、決して戦争をしたいわけではなく、「日本に今後、核を絶対に落とされないために核保有すべき」と訴えていて、広島出身の人でそう強く訴える人も多い(軍事論、国際関係論からこのような発想が導き出されるわけで決して変な人ではない)
7、アメリカの核使用で、アメリカは世界に恐れられ世界の覇権を握ることに成功した。
8、そのアメリカがいたから北海道がソ連に占領されなかった、沖縄が中国の侵略を阻止しているという側面を持つことは否定できない

スポンサードリンク

もっと原爆投下について知りたい人はwikipediaに詳細に載っているので、それを最後まで読むとかなり理解が深まります。なるべく中立的な立場で書かれているので、下手な本の数倍勉強になります。
「日本への原子爆弾投下」

これらのことは次世代にきっちり伝えていかなければならないことですので、しっかりと親世代で理解して、この8月に子供と話を出来る機会をもつことが出来たらいいと思います。

 

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

ランド関係の最近のファンダメンタル、テクニカルまとめ

45年ぶりの大雪降りましたが、気温が高いため意外と溶けるのが早くて、大人は大喜び、子供は大変

記事を読む

8gatu12

天津爆発の原因である化学物質についてと、その為替への影響も振り返る。

天津爆発事故は8月12日に発生して以来 未だに収束を見せていません。 日本企業もトヨタを

記事を読む

1987usd

米国利上げの日本への影響。実は過去4回、為替は円高になっている!

木曜日にはFOMCの議事録が発表され9月利上げの後退論が出てきましたのでその話をしたいと思います。

記事を読む

no image

離職率が高い業種と低い業種の、決定的な違い

  NHKで離職率について報道していたので私のセンサーが反応してしまいました

記事を読む

land0825

ランド円見通し2015年8月版 中国発世界同時株安

昨日はランド円が20%の暴落を見せました。 RSI25以下でこの日足でのヒゲ。チャンス

記事を読む

no image

一応利確しました。雇用統計の影響は受けるでしょう。

trixの色が変わりました。雇用統計まで持っていこうか、どうしようか、迷いましたが小心者なの

記事を読む

no image

トルコ中銀の大胆対策で市場が好感。あとはFOMC待ち

まだ下落トレンドを抜けたわけではありません。 が、トルコ中銀の大胆な政策発表でリスクオンの

記事を読む

no image

意外とクリミア住民投票の影響なく…変な緊張感の相場、嵐の前の静けさのようで怖い

最新ニュース ・南ア最大の労組組織、19日のストライキを指令 その他 ・情勢不安で

記事を読む

china-519115_1280

中国人民元暴落!切り下げ2%の意味を知っておくことで見えてくる未来

12日中国が通貨切り下げ2%を断行しました。(正確には1.8%ほど) 一見、例えば日本で言えば

記事を読む

no image

NZDがこんなに素直に反応するなんて,起きれなくて後悔…

おはようございます。反為です。 ランド円は前回安値割りましたね。下落トレンド継続です。もう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑