*

トルコ中銀の大胆対策で市場が好感。あとはFOMC待ち

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

land0129

まだ下落トレンドを抜けたわけではありません。
が、トルコ中銀の大胆な政策発表でリスクオンの相場になっています。

主要政策金利の1週間物レポレートを予想以上に大きく引き上げただけでなく、翌日物貸出・借入金利を含む主要金利をすべて引き上げた

参考リンク→トルコ中銀緊急利上げ:識者はこう見る

上のリンクの識者によると「今回の処置でトルコ中銀の信頼は得られ、市場の信用は上がったが、効果はもって一ヶ月位であろう、それまでに何らかの処置が必要」ということを言っています。

FOMCは良い方向性では

さて今日の28時。(明日と言うべきか…)
FOMC後の発表があります。
(米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
(米) FOMC、長期国債購入額(月額)
(米) FOMC、MBS購入額(月額)
市場予想はそれぞれ-50億ずつ計100億の緩和縮小するということです。

ここのところの米指標は微妙です。どう判断するかというところ。

(米) 12月 新築住宅販売件数 [前月比] 前回-2.1%(-3.9%修正) 予想-1.9% 結果-7.0%
(米) 12月 新築住宅販売件数 [年率換算件数] 前回46.4万件(44.5万件) 予想45.5万件 結果41.4万件
(米) 12月 耐久財受注 [前月比] 前回3.5%(2.6%) 予想1.8% 今回-4.3%
(米) 11月 ケース・シラー米住宅価格指数 前回165.91(165.90) 予想165.72 結果165.80
(米) 11月 ケース・シラー米住宅価格指数 [前年同月比] 13.6% 13.8% 13.7%
(米) 1月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 78.1(77.5) 78.0 80.7
(米) 1月 リッチモンド連銀製造業指数 13 13 12

ロイターでは「良い」という感じでとりあげられるニュースが多かったですね。
しかし、そこまで良い指標ばかりではないという感じです。

実は今日はランドの政策金利発表も

(南ア) 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利
が今日はあります。発表時間は未定。
いつも対して相場に影響ないですが…。
金利はインフレ懸念があるので今年中に上がるのではないか?という予測がありますが、
今回はまだでしょう。市場予想も変わらずです。
ただ、なんらか金利を上げることを示唆する声明があったりするかもしれません。

ストライキはまだまだ深刻のようです。
ブルーダイヤモンドが発見されたとか、そういう情報もあって資源的にはすごく良い国なんですけどね。。

とりあえず良い情報と悪い情報拮抗していますので、テクニカル見ながら判断していきたいと思います。
雲は薄いので抜けて欲しいなあ…

ブルーダイヤモンドってこれの青い感じ?
pink-diamond-82592_640

にしてもランド円自分年金戦略のロジック2をONにしていた人は、最高ですね。きちんと9.23でエントリーして長く持ちそうな雰囲気です。
これは超単純ロジックで日足RSIの25の上抜けで持つだけですけどね。そんな単純なのがすごく重要です。
一応SLを9.25とかに動かしておいたほうがいいと思いますよ。
そしたらさらに下落した時に、利益内に決済され、再びRSIのポイントでポジションを持つことが出来ます。

9.jpg

 

*このサイトは個人投資家が個人の見解を掲載したものです。
あくまで参考にしていただくというものであり、また、個人で記録を残すことにより頭を整理することを目的に書いているものであって、勧誘したりするものではありません。
このサイトに書いてあることを元に投資判断をして損失を被っても補償することはできません。
投資はあくまで自己責任のもと、ご自身の最終的判断でお願します。

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

refreshment-438399_640

10月の追加緩和の予想とまとめ。黒田氏は「奇をてらう」!?

いよいよ10月7日、日銀会合2日目後、15:30より黒田氏の会見があります。 一部では「この日

記事を読む

kakei

実質消費支出、失業率悪化が全く話題にならない不思議

株価と、実態経済がおかしいほどにかけ離れていくこと、感じているでしょうか? いつか破裂するこの矛盾

記事を読む

no image

南ア、スト継続・利上げ観測・雲で反発

・南アフリカのスト継続を発表 ・1月 消費者物価指数(CPI) が上昇 ・利上げ観測あり

記事を読む

african-214104_640

南アのストライキ交渉決裂→企業側が新提案/電力問題浮上/アシックスが南アに参入/為替はしっかり

最近情報 ・5日にNY白金は、年初来の高値を更新 ・スト交渉、 新提案の検討に猶予

記事を読む

eurrub

ロシアルーブルが金利10.5%から17%に利上げ。もし、ロシアルーブルを取引きしたら…を具体的に計画してみました。

昨日はドル円をはじめとした大下落。 大きな調整でしたね。2007年の上海ショックもドル円300

記事を読む

no image

中国は巧みな話術でチャイナショックを起こさせない?/株価暴落説がいくつか

ランド円調整下落入り ランド円は先週から明らかに調整下落入りしていますね。 ただ他の通貨、ド

記事を読む

no image

買いサイン出そう

かなり久しぶりにきちんとした買いサインが出そうです。 10.13、10.31のポイント

記事を読む

no image

4-6月期GDP-7.1%(年率換算)と、ユーロドルは利益確定した方がいいかどうか

本日朝8:50に発表がありました。(前回:予想:今回の順の数字です) (日) 4-6月期 四半期実

記事を読む

digital-388075_640

マイナンバー制度で預金が握られるのはいつからか…

マイナンバー制度が2016年1月から開始されま。(預金に関しては適用範囲ではありません) 確か

記事を読む

no image

ランド円の政策金利と、レートのこれだけの相関関係のなさ

画像は外為どっとコムより引用 南アフリカが昨日サプライズの金利を0.5%上げました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑