*

南ア、スト継続・利上げ観測・雲で反発

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

man-156732_640

・南アフリカのスト継続を発表
・1月 消費者物価指数(CPI) が上昇
・利上げ観測あり
・モハウ・ペコ駐日大使が18日札幌市役所を訪問。
北海道大の研究開発拠点である「北大リサーチ&ビジネスパーク」や食品加工会社等を視察する為、初めて北海道を訪れた。

・FRB=連邦準備制度理事会は、量的緩和の規模の縮小を進めた先月の会合の議事録を公開し、景気の改善が見込みどおりに続けば一定のペースで規模の縮小を続けることが適当だという考えが、多数を占めていたことが分かりました。
NHKニュースより
 

利上げするとスワップは上がりますが、レートはどうなるかわかりません。
金融緩和縮小でどうなるか…ですね。

land0221

雲で反発しました。買われすぎサインが消えました。
が、ランドはトレンドが続きやすいですからね。。。どうなるか、、です。
多少、下に支えられている感もありますが確信はないですね。

2月はいろんな意味で「注意が必要」と去年からよく言われてきました。
とりあえず後一週間で3月。2月をなんとか乗り切って欲しいところです。

ランド円自分年金戦略EA 7円下限設定 月曜日にロット調整ルール | fx-on.com

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

jpx400

JPX400のリアルタイムチャートを見ながら、日銀が購入対象に検討する理由を探る

  おはようございます。反為です。 今朝「日銀がJPX400を購入対象に検

記事を読む

silhouette-263368_640

クルーグマンが語る中国・ギリシャ・日本・アメリカ最新

クルーグマンが去年11月頃から中国の金融崩壊がある場合、日本が心配、ということを繰り返し言っています

記事を読む

digital-388075_640

マイナンバー制度で預金が握られるのはいつからか…

マイナンバー制度が2016年1月から開始されま。(預金に関しては適用範囲ではありません) 確か

記事を読む

no image

11/25 ランド円の今週の勝手な予測

白の方が見やすいかなと思い、背景を白にしてみました。確かに見やすい^^ さて今週は火曜日に

記事を読む

no image

ドラギ欧州中銀総裁が追加緩和に含みを持たす発言、相場はトレードしやすい状態に。テクニカルは買われすぎを示していない

先週は、黒田氏発言あり、イエレン氏発言あり、ドラギ発言あり、と連ちゃんでした。 一応こまめ

記事を読む

no image

南ア政策金利据え置き/金曜日に久々綺麗な買いサイン

最新情報 ●今日の為替市場ポイント:南アフリカ準備銀行は政策金利を据え置き | 外国為替

記事を読む

no image

ランド円は9.498/472に支えられるかどうか/ストは交渉決裂/ゴールド攻めしています/

おはようございます。反為です。 ランド円は微妙ですね。テクニカル的にもどっちにもとれる

記事を読む

no image

ランド関係の最近のファンダメンタル、テクニカルまとめ

45年ぶりの大雪降りましたが、気温が高いため意外と溶けるのが早くて、大人は大喜び、子供は大変

記事を読む

no image

今週に通貨の方向性決まるでしょう 重要週です。

昨日に引き続き9.67からの反発で安定して上昇しています。 日足YHVで↑が出現して欲

記事を読む

2014-10-07_113109

南ア次期総裁候補が利上げに言及、11月にも利上げの可能性

ランド円、平均足がやっと陽線になりました。雲も薄くなってきたので抜けて上昇続くといいのですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑