*

終わらないガザ地区の戦闘まとめ / ランド円は一時的に前回高値を超える

公開日: : 指標・チャート, 時事ネタ

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

2014年7月初旬にパレスチナの少年がユダヤ系過激派の手により殺害される事件が発生し、それをきっかけとして争いが起っているのがガザ地区の戦闘です。

一時停戦した17日までにパレスチナ側の死者230人、イスラエル側の死者1人を出す規模となっており、被害者の中には子供も多くふくまれています。

この戦闘は歴史的に理解する必要があって、簡単にはここで説明することが出来ないのですが
2014年6月からの流れを振り返って見ましょう

●2014年6月ファタハとハマスの和解
=イスラム原理主義国的なハマスを内閣に迎えたパレスチナの統一政府が誕生
=イスラエルは反発
=アメリカは承認
=イスラエルとパレスチナの軍事力はヘビと蛙の差

●2014年6月11日イスラエル軍はガザ地区の都市部を空爆

●2014年6月30日にヨルダン川西岸で行方不明になっていたイスラエルの少年3人の遺体が発見
=イスラエルはこれを政治的勢力の犯行と断言してガザ地区へ攻撃を開始

●安保理が停戦を呼びかけ

●27日に一時停戦をはさんだが、攻撃は再開され2008年の虐殺のような状態にならないか懸念されている

今回の焦点のひとつとして、
「アメリカの国力の低下」「国連の弱さ」を浮き彫りしている感が恐ろしいです。

つまり紛争を抑止する権力が誰もなくなってきていると世界が認識しはじめているのです。
秩序のない世界に突入すれば、どうなることか…という感じです。

スポンサードリンク

潜在リスクを抱えながら為替は動く

経済は表向き、ドル高、円安、ユーロ安に向かうように見えます。世界経済もある程度回復の見込みだと。

ただどんな時もリスクは存在します。わすれてはならない潜在リスクは以下
・アメリカの政治情勢
・サブプライムローンの再来(学生ローンや無金利貸し出しなど無茶苦茶な貸し出しが再来している)
・イスラム勢力によるイラクの油田の制圧
・日本の経済失策(消費税が上げれない状況など)
・中国の崩壊

などなどリスクなんて考えればいくらでもありますが..。

私も2007年の時に浮かれて利益が出ているのにストップを利益内に移動しないとか適当になっていた時期にやられました。
本当によくあるのが、「人々が浮かれている時にショックが来る」ということです。
皆が身構えている時にはこないものです。

前回高値を超えてからランド円は下落

実は私、久しぶりにランド円を売っています。前回高値9.67は超えられないと考えていましたのでそのへんで売りました。

ところがそれを超えて、9.692まで上昇しました。これは嬉しいことです。

その後、下落基調に転換していますが前回高値を超えた意味は大きいです。大きなニュースがなければ、今後の中期的な力強い上昇は期待していいと思います(あくまで大きなニュースがなければいいのですが…)

land0728

前回安値が9.44ですが、トラブルなければそこまでいかないで支えられると読んでいます。その時に売りで利益確定して、買いをもう一度立てようという魂胆です。

私の構想としては
11円を超える円安が今年か来年に到来して、大きく利益確定、そして、次の不況の8円台まで虎視眈々と待つ、という魂胆です。

スワップ運用って本当に放置ですからね。究極の不労所得です。これを狙わない手はないですからね。。

*このサイトは個人投資家が個人の見解を掲載したものです。
あくまで参考にしていただくというものであり、また、個人で記録を残すことにより頭を整理することを目的に書いているものであって、勧誘したり助言したりするものではありません。
このサイトに書いてあることを元に投資判断をして損失を被っても補償することはできません。
投資はあくまで自己責任のもと、ご自身の最終的判断でお願します。

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

ドラギ欧州中銀総裁が追加緩和に含みを持たす発言、相場はトレードしやすい状態に。テクニカルは買われすぎを示していない

先週は、黒田氏発言あり、イエレン氏発言あり、ドラギ発言あり、と連ちゃんでした。 一応こまめ

記事を読む

2014-10-07_113109

南ア次期総裁候補が利上げに言及、11月にも利上げの可能性

ランド円、平均足がやっと陽線になりました。雲も薄くなってきたので抜けて上昇続くといいのですが

記事を読む

no image

下落のランド円をテクニカル分析してみました

ファンダメンタル的にはランド安の状態がしばらく続きそう、という話をしました。 今は他の通貨

記事を読む

no image

新年ランド円の動き 早々に下落

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。 年初早々ランドが下

記事を読む

no image

ウクライナ情勢が0から分かりやすいように整理すると見えてきたこと。今日の最後通告で正午にも事態が変わるかも

おはようございます。反為です。 ウクライナ情勢が緊迫しております。 その前に新興国で

記事を読む

refreshment-438399_640

10月の追加緩和の予想とまとめ。黒田氏は「奇をてらう」!?

いよいよ10月7日、日銀会合2日目後、15:30より黒田氏の会見があります。 一部では「この日

記事を読む

no image

ランド円は予想しずらい状況ですが、GPIFの影響は受けるでしょう。とりあえず今は大きくいく時でない

おはようございます。反為です。 ランド円は日足を見ると戻り売り地点とも取れるし、抵抗線

記事を読む

no image

ランド円貿易収支かなり悪化だけどしっかり支えられ。今日明日の指標発表に注意!

押し目買いが正解でしたね。綺麗な上昇トレンド変わりません。 ただしGW突入なので注意です。

記事を読む

gdp201505

日本のGDP2015年4~6月期年率1・6%減の意味

2015年8月17日日本GDP4~6月期が発表されました。 年率1.6%減ということで具体的な

記事を読む

endaka

円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イランが増産の意向を示したことで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑