*

G20はどうとらえたらいい? ウクライナは世界経済に影響があるのか?

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

land0224

ランド円はご覧のようにしっかりと雲に支えられている状態です。
日足ではトレンド反転していますので、チャイナショックとか不測の事態がなければ短期または中期ではしっかり上昇基調を維持しそうではあります。(あくまで一つの見解なので最終的にはご自身で判断を)

さてこの土日で2つの出来事が起りました。

一つはG20
もう一つはウクライナの政権崩壊

ウクライナの政権崩壊はどれくらい為替に影響あるのかわからず朝のレート心配しましたが特に大きな変化はありませんでした。
とりあえず今のところ大きな影響は経済に対しては反応を示していません。

ウクライナが今後世界経済に与えるショックはあるのか?

ウクライナで何が起きているか?0から理解したい人はこのサイトが役に立ちました→http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304775004579396533610153684.html

一番重要な文章はこれですね

抗議活動は、西欧と東欧に接するウクライナに対するEUとロシアの政治・経済的影響力をめぐる闘いを反映している。ソ連時代に支配していた国をまとめ、こうした国への影響力を取り戻したいロシアのプーチン大統領にとって、ウクライナを明確な政治的友好国としておくことは重要だ。一方、ウクライナは、自由貿易合意の見返りに民主化の促進を意図するEUのターゲットとなってきた。

その中でなぜデモが起きたかというと

反政権デモは昨年後半、ヤヌコビッチ大統領がロシアからの圧力を受け、欧州連合(EU)との貿易や政治に関する協定締結を拒否し、ロシアから150億ドル(約1兆5400億円)の支援を受け取ったことをきっかけに始まる

ということです。前政権はロシアに寝返ろうとしたのですね。
民主化を求める反政権が今に至るわけです。

非常に難しいジレンマですね。
今後どのように発展するか、ロシアがどういう動きをするか、注視すべきでしょう。

スポンサードリンク

G20は結局好感されたの?

G20を終え、月曜の窓明けどうなるかとウクライナ同様気をもんでいましたがこれまた特に大きな変化はありませんでした。

マスコミが言うことは多少偏りがありますので、そのままの声明を読みたい人は財務省のHPより今回の決定や声明をみてください。→https://www.mof.go.jp/international_policy/convention/g20/20140223.htm

ロイターもこの文章をそのまま載せていますね。
マスコミの報道だけを見ると、「新興国はヤバイ」「中国もヤバイ」と煽られ感はあるものの一応数値的には長期で向上を見せていることに違いはない。だけど、慢心する余地はありませんよ、ということ。

結局「どっちなんだ!」って表現になってしまいますが、そんなにはっきりと白黒つけられませんよ!ってことです。

これらは結局今の世界経済をしっかりと評価したにすぎません。

やはりシャドーバンキングに対する中国の懸念が一番気になる文言でしょうか。
中国がそれに対してどれだけの対策をするか?というのが今後注目となってくるのではないでしょうか?
最大のリスクであり、最大の経済押し上げの要因でもあります。
つまりは中国こそ世界経済の「ハイリスクハイリターン」ということです。

やはり変わらず中国指標に為替は反応しやすい地合は続くのではないでしょうか?

*このサイトは個人投資家が個人の見解を掲載したものです。
あくまで参考にしていただくというものであり、また、個人で記録を残すことにより頭を整理することを目的に書いているものであって、勧誘したりするものではありません。
このサイトに書いてあることを元に投資判断をして損失を被っても補償することはできません。
投資はあくまで自己責任のもと、ご自身の最終的判断でお願します。

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

12月3週は利上げショック?追加緩和ショック?今週地雷が3個ある!要注意

久々の投稿となります。 ランド円がリーマン・ショック後最安値だった7.74を割りました。

記事を読む

no image

ドル高要因は多数あれど、なかなかその通りには動かず。スト終わらないけど、ランドは堅調

先週の米指標、GDPは予想をかなり下回りましたけど、注目の雇用統計が大幅上回り、失業率が6%

記事を読む

no image

意外とクリミア住民投票の影響なく…変な緊張感の相場、嵐の前の静けさのようで怖い

最新ニュース ・南ア最大の労組組織、19日のストライキを指令 その他 ・情勢不安で

記事を読む

no image

G20トルコアンカラで開催!注目点をまとめてみた

中国ショックが収束したのか、始まったばかりなのかよくわからない状況の中 やはり注目されるのが9

記事を読む

no image

新興国通貨の今後について。モーニングサテライトの話をまとめました

ニュース番組モーニングサテライトより 新興国通貨安について触れていましたのでシェア。

記事を読む

no image

離職率が高い業種と低い業種の、決定的な違い

  NHKで離職率について報道していたので私のセンサーが反応してしまいました

記事を読む

oanda_open

クロダラインはいくらか?オーダー状況から検証してみた

すみません久しぶりの時事ネタ更新となります。 うまく役割分担がかみ合わず、やはり反為中心のブロ

記事を読む

eurusd0909

ギリシャデフォルト問題2016 6月30日まで支払い先延ばしで凌ぐ

IMFは2015年6月4日に ギリシャが今月中に期限を迎える4回分の債務を 月末に一括返済する方

記事を読む

alone-513525_640

中国株、今後はメルトダウンを続けるかも!?

中国株がまたも暴落を続けています。 いまのところ為替に対して影響してないからといって押

記事を読む

photo-effect-359981_960_720

黒田バズーカー12月18日の解釈は「追加緩和はここでは使いたくないが、相場に期待を持たせたかった、でも失敗」

本日12月18日黒田バズーカー第3弾は来るのか? とほんの一部、憶測を呼んでの会見となりました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑