*

グダグダで特に材料なし。ゴールドが売りサイン発生

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

land0325

●南アの白金鉱山最大労組のAMCUに関し、今朝のところはスト終結の兆し見えず

その他
●ドル・中国・ユーロ PMI低下
●ブラジルのソブリン格付け「BBBマイナス」に引き下げ

あまりいいニュースはありませんね。
だからといって絶望的なわけではなく。

スポンサードリンク




テクニカル的にも中途半端。一応短期転換のサインが出かかっていますが買う気にはなれません。

今THVを見るとゴールドにおいて、明確に売りサインが4時間足において出ています。(売れば絶対下がるということじゃありませんよ。あくまでTHVが出したサイン)
4時間足のサインってなかなか出ないですからね。久しぶりにちゃんとしたサイン見たなーと。

たいした指標もないので、こんな方向感のない日はスキャルですかね。EAも今週はいい感じで勝っていますし。

気長にやっていきましょう。

*このサイトは個人投資家が個人の見解を掲載したものです。
あくまで参考にしていただくというものであり、また、個人で記録を残すことにより頭を整理することを目的に書いているものであって、勧誘したりするものではありません。
このサイトに書いてあることを元に投資判断をして損失を被っても補償することはできません。
投資はあくまで自己責任のもと、ご自身の最終的判断でお願します。

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

今週は黒田日銀総裁発言・FOMCに注意 

最近ニュース ・ナイジェリアが南アのGDPを超える http://www.afpbb.com/ar

記事を読む

no image

南アのスト24日についに終結。しかしこれは問題の始まり/でも世界はアフリカに投資している!

4時間足、安値を切り上げ一応上昇基調を維持しているが、前回高値9.67で上ヒゲが出ている。

記事を読む

no image

ランド円は9.498/472に支えられるかどうか/ストは交渉決裂/ゴールド攻めしています/

おはようございます。反為です。 ランド円は微妙ですね。テクニカル的にもどっちにもとれる

記事を読む

digital-388075_640

マイナンバー制度で預金が握られるのはいつからか…

マイナンバー制度が2016年1月から開始されま。(預金に関しては適用範囲ではありません) 確か

記事を読む

usdjpy0923

VWディーゼル日本解禁の矢先のVWショック。陰謀論しか頭に浮かばない

9月21日VWショックが世界を駆け巡り、株価・為替にそれなりのショックを与えたのはご存知だろう。

記事を読む

インヴァスト証券が、ランド円のレバレッジをここまで下げた明確な理由

あなたは、ご自分がお使いの業者の自己資本比率はチェックしていますでしょうか? 日本の業者は開示

記事を読む

no image

久しぶりの10.00突破

久しぶりにランド円は10.00を超えました。 チャート見ても短期的には上昇トレンドでい

記事を読む

no image

スコットランドが独立したらポンドはどうなるか?18日は要注意

9月18日は何の日でしょうか? もうすぐですからカレンダーに印をつけておくべきですね。 知ら

記事を読む

china-519115_1280

中国人民元暴落!切り下げ2%の意味を知っておくことで見えてくる未来

12日中国が通貨切り下げ2%を断行しました。(正確には1.8%ほど) 一見、例えば日本で言えば

記事を読む

no image

12月3週は利上げショック?追加緩和ショック?今週地雷が3個ある!要注意

久々の投稿となります。 ランド円がリーマン・ショック後最安値だった7.74を割りました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑