*

原油価格の下落が続く理由/スコットランド住民投票後を予想

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

genyu

上記が原油先物の日足チャートです。
ご覧のように、ウクライナ問題勃発あたりから急速に下げています。
最後の高値は6/25 107.45でそれから10.00$以上の下落となります。

ここで基本的なことに立ち返ってみましょう。
なぜ原油は注目されるのか?ということです。

原油は、いわゆる先物、コモディティに分類されるわけです。
コモディティには使ってなくなるものと使ってもなくならないものがあります。
→使ってなくなるもの:原油、天然ガス、コーンなど食物
→使ってなくならないもの:金、銀、銅など

使ってなくならないものの方が、短期的な需要供給に左右されやすいので値動きが激しくなります。
ですのでコモディティの代表として、原油を見る人は非常に多いのです。

最近の下落の原因は明確で
・ウクライナやイラクの政情不安
・欧州や中国の景気の先行き懸念
・米国の原油増産で余剰感もあるため
・米国でも「景気回復基調の割にガソリン需要は伸びていない」というアナリストがいる。省エネなどでガソリンの需要が減っている
・米国のシェールガス革命で原油の余剰感は否めない

今後も上昇要因は少ないのが実情。

スポンサードリンク

lamd0916

ランド円は日足で見る限りは、上昇トレンドを維持している。現在踊り場という感じで、次の材料待ちであるとも言えます。

やはりこれらもスコットランドの独立問題に左右されるのではないでしょうか?

現在、英首相が独立を阻止する動きに出ています。

ずばり私の予想では、「独立はしない」と思います。
どこかでも見ましたが、1990年代にカナダでも同じようなことがあり、投票日まで結果が全く予想できませんでした。
が、結局独立反対派がそれなりの差で勝ったというもの。勝因は、やはり人間心理として「現状維持」をしたいという気持ちのほうが強かったからと分析されています。

これは非常に納得できることで、首相が独立後の混乱を住民に諭せば、怖くなって踏みとどまる人の方が確実に多いであろうことが予測できます。

未来のことは誰にもわかりませんが、「独立しない」となった時は、安堵感から株高になると予測出来ます。

ポンド円なんかは上下が激しい最近ですが、独立しなかった場合、上にブレイクする可能性は高いと思います。

とりあえずトレーダーとしては、ことが起ってから行動してもたいした利益は得られません。
「ことが起る前に、うまく仕込む」利益を得るならばそれしかありません。もちろんリスクを考えつつ、戦略を練るのです。

と、ここまで書いたところで新しい情報が入ってきました。
ロイターによると、

英政府はスコットランド行政府により大きな権限を譲渡すると約束しており、ウェールズや北アイルランドにも同じような措置がもたらされる可能性は大きい。

スペイン政府はもはや、独立の是非を問う住民投票を要求するカタルーニャ住民の圧力には抗しきれないと判断するかもしれない。カタルーニャ州は人口が740万人に上り、EU加盟のうちの十数カ国よりも規模が大きい

既により大きな自治権を獲得しているスペインのバスク地方にも影響を及ぼしていくのは間違いない

これほど新国家が多くなれば、国家代表で構成するEUのやり方を修正せざるを得なくなる。6(カ国)で始まって28程度でまずまず機能している制度が、100になってうまく働かないのは明らかだ

と述べる専門家も。

これらは、即効で広がるわけではなく中期、長期での問題となるでしょう。

これらの火種で、イギリスやユーロは弱っていく可能性はあるとのことです。特にユーロ…

個人的には、短期的には、独立が阻止されたら上昇かと思いますが、その後、独立運動がらみの影響が出て、逆にうごくことは多いにありえるというイメージでいます。

18日もうすぐです気をつけながらがんばりましょう!

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

アメリカ利上げ12月説もなくなる?FRBのジレンマとは?

ご存知、中国ショックによりアメリカの9月利上げ説は完全になくなりそうな雰囲気で それでは12月

記事を読む

no image

消費税10%いつからかと議論してたのか分からない間に時期がほぼ決定。方向感掴みにくい相場。今夜のFOMCを待ちましょう

こんばんは反為です。 ふるさと納税のお礼?が来ました^^ 豚ロース全部で1440g+ドレ

記事を読む

no image

ランド円は9.498/472に支えられるかどうか/ストは交渉決裂/ゴールド攻めしています/

おはようございます。反為です。 ランド円は微妙ですね。テクニカル的にもどっちにもとれる

記事を読む

no image

離職率が高い業種と低い業種の、決定的な違い

  NHKで離職率について報道していたので私のセンサーが反応してしまいました

記事を読む

no image

4-6月期GDP-7.1%(年率換算)と、ユーロドルは利益確定した方がいいかどうか

本日朝8:50に発表がありました。(前回:予想:今回の順の数字です) (日) 4-6月期 四半期実

記事を読む

no image

現実味を帯び始めたチャイナショック、思い出すサブプライム

今日はオプションのSQ、日経の下落はそれの影響があったのでしょうか そして何より、ちょ

記事を読む

no image

ウクライナ情勢が0から分かりやすいように整理すると見えてきたこと。今日の最後通告で正午にも事態が変わるかも

おはようございます。反為です。 ウクライナ情勢が緊迫しております。 その前に新興国で

記事を読む

globe-140051_640

TPPメリットは?投資家への影響は?

TPPは結局、売国的な戦略ではないのか? この疑問に関して、今の段階で私はYESと言わざるを得

記事を読む

no image

黒字企業に追徴課税した裏話を想像してみた

今日気になったニュースを。。 「赤字」申告の黒字企業に追徴課税 こちらです。

記事を読む

land1031

ランド円がやっとやっと10.00突破、しかし早速調整下落の準備を。ここが天上ということもありえる!?

とうとうランド円が10.00を突破しました。 2年近く放置しているポジションもあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑