*

中国人民元暴落!切り下げ2%の意味を知っておくことで見えてくる未来

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

12日中国が通貨切り下げ2%を断行しました。(正確には1.8%ほど)

一見、例えば日本で言えば100円→102円なので、たいしたことなさそうですが

過去20年の中で最大の暴落となるのです!

china-519115_1280

もともと中国は固定相場制に近い、

管理通貨制度をとっておき、最近はドルとペッグ状態で6.2から動かずにいたところでした。

急のことでアメリカも怒っていることが報道されていますね。

まさに急の人民元暴落です。

しかし、中国はアメリカの国債を大量に保有しているという切り札を持っているので

多少脅したり、断行することは出来るのです。

   なぜ中国は人民元を切り下げたか?

中国共産党が最も恐れていること

中東のアラブの春のように、民衆の反乱による政府転覆です。

反日運動などはまさに民衆の不満をそらせるためのものだということはご存知かと思います。

民衆の不満に直結するのは経済において

シャドーバンキング問題、不動産バブルの崩壊あたりから

中国当局は様々な金融政策を打っています。

ここにきて、株価の大暴落でついに人民元切り下げに手を打ちました。

 

事前通告なしに1日で急にやられては

アメリカはたまったものじゃありません。

 

当局の狙いは

通貨安にすることで輸出競争力を高めて

外需での経済を底支えを狙ったものとなります。

 

長期的には良いと言えませんが

手っ取り早い景気改善策となります。

 

スポンサードリンク

   2%切り下げのリスクとは?

リスクは以下です

・アメリカ、東南アジアからの孤立となる

インフレ率が高まる

不動産バブルの助長にもなりうる

資本流出過剰になる恐れ

・東南アジアとの通貨安競争になる恐れ

   今後の為替相場への影響は?

・中国の輸出が増えて経済の安定になれば世界経済にとってはプラス

・人民元に対しては円高

・信用市場への悪影響

他の通貨に大きな影響を今の所は与えてなく

ドル円は一時的に数10pips下げたくらいでその後は125円を超えています。

 

しかし、やはりランドを始めとした、新興国通貨が売られています。

やはり中国人民元切り下げの影響とみていいと思います。

 

 

私見では、

一時的には世界経済へはプラスに働くと考えています。

短期的な経済政策としては効果が出やすいものなので

それで一時的にはしのげるかと思います。

 

しかし、世界の信用を落としてでも切り下げをやるということは

それだけ切羽詰まっているということです。

経済の状態は危ないのでしょう。

今後当局が中国経済をどこまでコントロールできるか?というところがポイントでしょう。

 

止めるのとが出来ずにボロボロと行けば

中国の世界経済への影響は大きいので

世界経済衰退につながるでしょう。

 

 

しかし、こうして当局がなんとかしようとしているところを見ると

ある日突然、ドカンということはないのではと思いますがどうでしょう…。

 

 

私見2

私見1を書いた後にこんなニュースが来ました。

・「中国若者に人気の曲120曲を禁止」

これが気になりますね。

一見何も関係ないように見えますが

切羽詰まってるのが凄く凄く伝わってきますし

毛沢東時代の芸術など表現の自由の制限を思い出させて

非常に危険な臭いがプンプンします。

それだけ中国経済は危機感がありヤバいのでしょう。

今日のB級新聞なんかには、実は中国の成長率は1%みたいな話がありましたが

あながち嘘ではないかもしれません。

当局はもう本当にヤバいと思い対策をしているのでしょう。

スポンサードリンク

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

man-114437_640

グレンコアショックとはこれから起こる世界的な事象!?

グレンコア、これを聞いてピンと来ないトレーダーはちょっと情報収集があれかもしれません。 9月前

記事を読む

african-214104_640

今週は材料なしだが余計なことはしない方がいいとチャートが言っている

ランド円は最高値10.32をつけたあと、調整下落。 上図は日足です。調整がまだ短いよう

記事を読む

eurusd0909

ギリシャデフォルト問題2016 6月30日まで支払い先延ばしで凌ぐ

IMFは2015年6月4日に ギリシャが今月中に期限を迎える4回分の債務を 月末に一括返済する方

記事を読む

no image

新興国通貨の今後について。モーニングサテライトの話をまとめました

ニュース番組モーニングサテライトより 新興国通貨安について触れていましたのでシェア。

記事を読む

silhouette-263368_640

クルーグマンが語る中国・ギリシャ・日本・アメリカ最新

クルーグマンが去年11月頃から中国の金融崩壊がある場合、日本が心配、ということを繰り返し言っています

記事を読む

digital-388075_640

マイナンバー制度で預金が握られるのはいつからか…

マイナンバー制度が2016年1月から開始されま。(預金に関しては適用範囲ではありません) 確か

記事を読む

photo-effect-359981_960_720

黒田バズーカー12月18日の解釈は「追加緩和はここでは使いたくないが、相場に期待を持たせたかった、でも失敗」

本日12月18日黒田バズーカー第3弾は来るのか? とほんの一部、憶測を呼んでの会見となりました

記事を読む

no image

中国は巧みな話術でチャイナショックを起こさせない?/株価暴落説がいくつか

ランド円調整下落入り ランド円は先週から明らかに調整下落入りしていますね。 ただ他の通貨、ド

記事を読む

2014-10-07_113109

南ア次期総裁候補が利上げに言及、11月にも利上げの可能性

ランド円、平均足がやっと陽線になりました。雲も薄くなってきたので抜けて上昇続くといいのですが

記事を読む

no image

ランド円は日足の支持線に。今週はイベント続きで注意&チャンスです

ランド円最新情報 ・プラチナベルトで暴動 ・民主化から20年 格差に失望も 朝日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑