*

米国利上げの日本への影響。実は過去4回、為替は円高になっている!

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

木曜日にはFOMCの議事録が発表され9月利上げの後退論が出てきましたのでその話をしたいと思います。

また、過去に米国が利上げをした時の、

その後の円高円安の影響を調べてみたところ、意外な事実が分かりました。

ところで、昨日の朝鮮半島の緊張の高まりは

交官の対談でどうにか軍事処置に発展はしなさそうですね。

やはり、どちらも戦闘は避けたい、という意志があり、本当に良かったです。

スポンサードリンク

   8月のFOMC議事録の内容

8月のFOMCが日本時間で20日に発表されました。

今回はイエレン氏会見がないので、そこまで注目されているものではありませんでしたが

やはり、焦点は「9月に本当に利上げはするのか!?」というところです。

結論を言えば、「9月利上げはやや後退した」と市場は受け取っていますね。

内容を見てみましょう。

1、ほぼメンバー全員が米経済の緩やかな拡大が続いているとの認識で一致

2,参加者のほとんどが「利上げの条件をまだ満たしていない」「しかし、その時期が近づいている」と認識

3,利上げに積極的なメンバーの一部が、「利上げの環境がほぼ整った」「利上げの遅れが急激な物価上昇を招くことを警戒」の発言

4,利上げに慎重なメンバーが、「中国の景気減速」「もう一段の米ドル高」が、米経済を下押して、物価上昇率の目標達成を妨げることを懸念している

5,結論的には、「インフレ率」が、中期的な目標に戻っていくと合理的に確信できるだけの改善を見せたといいう「さらなる証拠」が必要であり、今後は「雇用」と「物価」の動向をさらに見極めることで一致した

これらから、9月利上げに慎重なことがわかり

12月利上げ論の方が高くなっています。

また、「物価」の動きも注視していますので、経済指標トレードをする人は

やはり物価関連の指標の過敏さにも気をつけて行きたいところです。

スポンサードリンク

    過去、米国利上げがされた時のドル円の動き

米国が過去に利上げした時、我々が考えるように

単純に円安に進んだのだろうか? ふとこんな疑問が湧いたので調べてみました。

米国は直近だと過去3回の利上げを以下の日付でしています。

1987年9月4日

1994年2月4日

1999年6月30日

2004年6月30日

これらの前後のドル円のチャートを示したいと思います。

また、その時の背景も書いておきます。

■1987年9月4日

1987usd

背景:ルーブル合意1987年2月22日
ブラックマンデー 1987年10月19日
>>ブラックマンデーの影響が大きいですかね…

■1994年2月4日

1994usd
背景:米国通商政策(ドル安容認)
FRBの連続利上げ(1995年2月1日まで7回)

■1999年6月30日

1999usd
背景:日本経済の回復期待を背景とした円買い
FRBの連続利上げ(2000年5月16日まで6回)

■2004年6月30日

2004usd
背景:2003年9月20日のドバイG7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議)の共同声明で「為替レートの更なる柔軟性が望ましい」という表現
米国経済の回復

なんと4回中、4回とも、1ヶ月くらいしてから円高になっているという事実です。

びっくりですね。単純に米利上げ=円安、と考えていた自分が恐ろしいです。

もちろんだからといって今回も円高になるとはいいませんので

これはあくまで参考材料です。

やはり今回も米が1年かけて連続利上げをしてくるでしょう。

一応連続利上げした2回の高値と安値だけチェックしておきましょう。

 

■1999年の例

6月30日利上げ実施後

7月9日に高値 +120pips程(9日)

11月26日に安値 -1934pips!!(約5ヶ月)

■2004年の例

6月30日利上げ実施後

7月29日に高値 +390pips程(約1ヶ月)

1月17日に安値 -693pips!!(約6ヶ月半)

となっています。

 

 

果たして、今回もドル円は円高となってしまうのでしょうか!?

 

 

>>新・反為のFX自動売買&FXのメールセミナー2015<<
~仕事はポジティブにやるもの、トレードはネガティブにやるのが正しい~
toroku_set.jpg
新・反為のFX自動売買・半裁量の本格メールセミナー

SPONSORED LINK

*このサイトは個人投資家が個人の見解を掲載したものです。
あくまで参考にしていただくというものであり、また、個人で記録を残すことにより頭を整理することを目的に書いているものであって、勧誘したり助言したりするものではありません。
このサイトに書いてあることを元に投資判断をして損失を被っても補償することはできません。
投資はあくまで自己責任のもと、ご自身の最終的判断でお願します。

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

ブラック企業も海外に比べればマシなの??海外の賃金を見て感じたこと

  出典「ビールを1杯飲むのに、その国の最低労働賃金で何時間働かなければなら

記事を読む

hall-828549_640

中国がG20でバブルはじけたと繰り返す。声明まとめと、次週の見通し

G20が閉幕しました。中国が「バブルがはじけた」と自身で言っていたのが印象的だったG20ですが

記事を読む

no image

ランド円ついに雲を抜ける。ドル高の逆相関が崩れてきた!?

ランド円日足でやっと雲を抜けました。(だからと言って完全に安心できるというわけではありません

記事を読む

no image

15:30から 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見が気になる

今日は(南ア) 12月 消費者物価指数(CPI)の発表が17:00にあります。 市場への影

記事を読む

silhouette-263368_640

クルーグマンが語る中国・ギリシャ・日本・アメリカ最新

クルーグマンが去年11月頃から中国の金融崩壊がある場合、日本が心配、ということを繰り返し言っています

記事を読む

no image

ランド円は日足の支持線に。今週はイベント続きで注意&チャンスです

ランド円最新情報 ・プラチナベルトで暴動 ・民主化から20年 格差に失望も 朝日

記事を読む

globe-140051_640

今後の新興国通貨はどうなる?ランド円最安値更新中!

今後の新興国通貨はどうなるか? 「今はランド円買い場ですか?」 「ランド円の下げの勢いが凄い!」

記事を読む

usdjpy0923

VWディーゼル日本解禁の矢先のVWショック。陰謀論しか頭に浮かばない

9月21日VWショックが世界を駆け巡り、株価・為替にそれなりのショックを与えたのはご存知だろう。

記事を読む

no image

南ア、スト継続・利上げ観測・雲で反発

・南アフリカのスト継続を発表 ・1月 消費者物価指数(CPI) が上昇 ・利上げ観測あり

記事を読む

alone-513525_640

中国株、今後はメルトダウンを続けるかも!?

中国株がまたも暴落を続けています。 いまのところ為替に対して影響してないからといって押

記事を読む

Comment

  1. カボチャプリン より:


    私は投資家ではないのですが、
    社会情勢を考えたら、
    経済に詳しいサイトをいろいろ調べてます。、

    トレーダーの人は、短期儲けしか考えないで
    葉っぱを見て、木を見てない感じのコラムが殆どで参考にならないですけど

    部分的には参考になります。


  2. はじめまして、金投資サイトを運営しています。米利上げと為替相場の関係をキレイにまとめてあり、読ませていただきました。また、下記ページにリンクを貼らせていただきましたが問題があれば外します。よろしくお願いいたします。
    http://jun-kin.info/2219/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑