*

米国利上げの日本への影響。実は過去4回、為替は円高になっている!

[`buzzurl` not found]
LINEで送る

木曜日にはFOMCの議事録が発表され9月利上げの後退論が出てきましたのでその話をしたいと思います。

また、過去に米国が利上げをした時の、

その後の円高円安の影響を調べてみたところ、意外な事実が分かりました。

ところで、昨日の朝鮮半島の緊張の高まりは

交官の対談でどうにか軍事処置に発展はしなさそうですね。

やはり、どちらも戦闘は避けたい、という意志があり、本当に良かったです。

スポンサードリンク

   8月のFOMC議事録の内容

8月のFOMCが日本時間で20日に発表されました。

今回はイエレン氏会見がないので、そこまで注目されているものではありませんでしたが

やはり、焦点は「9月に本当に利上げはするのか!?」というところです。

結論を言えば、「9月利上げはやや後退した」と市場は受け取っていますね。

内容を見てみましょう。

1、ほぼメンバー全員が米経済の緩やかな拡大が続いているとの認識で一致

2,参加者のほとんどが「利上げの条件をまだ満たしていない」「しかし、その時期が近づいている」と認識

3,利上げに積極的なメンバーの一部が、「利上げの環境がほぼ整った」「利上げの遅れが急激な物価上昇を招くことを警戒」の発言

4,利上げに慎重なメンバーが、「中国の景気減速」「もう一段の米ドル高」が、米経済を下押して、物価上昇率の目標達成を妨げることを懸念している

5,結論的には、「インフレ率」が、中期的な目標に戻っていくと合理的に確信できるだけの改善を見せたといいう「さらなる証拠」が必要であり、今後は「雇用」と「物価」の動向をさらに見極めることで一致した

これらから、9月利上げに慎重なことがわかり

12月利上げ論の方が高くなっています。

また、「物価」の動きも注視していますので、経済指標トレードをする人は

やはり物価関連の指標の過敏さにも気をつけて行きたいところです。

スポンサードリンク

    過去、米国利上げがされた時のドル円の動き

米国が過去に利上げした時、我々が考えるように

単純に円安に進んだのだろうか? ふとこんな疑問が湧いたので調べてみました。

米国は直近だと過去3回の利上げを以下の日付でしています。

1987年9月4日

1994年2月4日

1999年6月30日

2004年6月30日

これらの前後のドル円のチャートを示したいと思います。

また、その時の背景も書いておきます。

■1987年9月4日

1987usd

背景:ルーブル合意1987年2月22日
ブラックマンデー 1987年10月19日
>>ブラックマンデーの影響が大きいですかね…

■1994年2月4日

1994usd
背景:米国通商政策(ドル安容認)
FRBの連続利上げ(1995年2月1日まで7回)

■1999年6月30日

1999usd
背景:日本経済の回復期待を背景とした円買い
FRBの連続利上げ(2000年5月16日まで6回)

■2004年6月30日

2004usd
背景:2003年9月20日のドバイG7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議)の共同声明で「為替レートの更なる柔軟性が望ましい」という表現
米国経済の回復

なんと4回中、4回とも、1ヶ月くらいしてから円高になっているという事実です。

びっくりですね。単純に米利上げ=円安、と考えていた自分が恐ろしいです。

もちろんだからといって今回も円高になるとはいいませんので

これはあくまで参考材料です。

やはり今回も米が1年かけて連続利上げをしてくるでしょう。

一応連続利上げした2回の高値と安値だけチェックしておきましょう。

 

■1999年の例

6月30日利上げ実施後

7月9日に高値 +120pips程(9日)

11月26日に安値 -1934pips!!(約5ヶ月)

■2004年の例

6月30日利上げ実施後

7月29日に高値 +390pips程(約1ヶ月)

1月17日に安値 -693pips!!(約6ヶ月半)

となっています。

 

 

果たして、今回もドル円は円高となってしまうのでしょうか!?

 

 

>>新・反為のFX自動売買&FXのメールセミナー2015<<
~仕事はポジティブにやるもの、トレードはネガティブにやるのが正しい~
toroku_set.jpg
新・反為のFX自動売買・半裁量の本格メールセミナー

SPONSORED LINK

*このサイトは個人投資家が個人の見解を掲載したものです。
あくまで参考にしていただくというものであり、また、個人で記録を残すことにより頭を整理することを目的に書いているものであって、勧誘したり助言したりするものではありません。
このサイトに書いてあることを元に投資判断をして損失を被っても補償することはできません。
投資はあくまで自己責任のもと、ご自身の最終的判断でお願します。

Similar Posts:

スポンサーリンク
 

関連記事

no image

終わらないガザ地区の戦闘まとめ / ランド円は一時的に前回高値を超える

2014年7月初旬にパレスチナの少年がユダヤ系過激派の手により殺害される事件が発生し、それを

記事を読む

gdp201505

日本のGDP2015年4~6月期年率1・6%減の意味

2015年8月17日日本GDP4~6月期が発表されました。 年率1.6%減ということで具体的な

記事を読む

water-bomb-549091_640

北朝鮮の砲撃はなぜ起きた?今後の為替への影響

20日午後4時(日本時間5時)、北朝鮮の韓国に対する砲撃がありました。 地政学リスク勃発で、株

記事を読む

giryo

ギリシャのデフォルト、6月5日の期限で高まる緊張。米が阻止すると予想

ギリシャの国際通貨基金(IMF)への支払い約3億ユーロ(約400億円)の期限が6月5日に迫っています

記事を読む

no image

アメリカ利上げ12月説もなくなる?FRBのジレンマとは?

ご存知、中国ショックによりアメリカの9月利上げ説は完全になくなりそうな雰囲気で それでは12月

記事を読む

no image

イエレン氏発言は24時以降(22時半から原稿公表)、サプライズあるか? やはりまだ緩和縮小で新興国が反応するようだ

今日と13日はイエレン氏の注目議会発言があります。 下院での証言原稿は11日午前8時半(日

記事を読む

8gatu12

天津爆発の原因である化学物質についてと、その為替への影響も振り返る。

天津爆発事故は8月12日に発生して以来 未だに収束を見せていません。 日本企業もトヨタを

記事を読む

no image

新興国通貨の今後について。モーニングサテライトの話をまとめました

ニュース番組モーニングサテライトより 新興国通貨安について触れていましたのでシェア。

記事を読む

photo-effect-359981_960_720

黒田バズーカー12月18日の解釈は「追加緩和はここでは使いたくないが、相場に期待を持たせたかった、でも失敗」

本日12月18日黒田バズーカー第3弾は来るのか? とほんの一部、憶測を呼んでの会見となりました

記事を読む

2014-10-07_113109

南ア次期総裁候補が利上げに言及、11月にも利上げの可能性

ランド円、平均足がやっと陽線になりました。雲も薄くなってきたので抜けて上昇続くといいのですが

記事を読む

Comment

  1. カボチャプリン より:


    私は投資家ではないのですが、
    社会情勢を考えたら、
    経済に詳しいサイトをいろいろ調べてます。、

    トレーダーの人は、短期儲けしか考えないで
    葉っぱを見て、木を見てない感じのコラムが殆どで参考にならないですけど

    部分的には参考になります。


  2. はじめまして、金投資サイトを運営しています。米利上げと為替相場の関係をキレイにまとめてあり、読ませていただきました。また、下記ページにリンクを貼らせていただきましたが問題があれば外します。よろしくお願いいたします。
    http://jun-kin.info/2219/

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

universe-1044107_960_720 (1)
ランド円スワップ比較2016 

ランド円のスワップを比較してみました。 ただし、どうしても時代と

ランド円スワップ情報OANDAジャパン4月集計 戻りました。

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

ランド円スワップ情報OANDAジャパン3月集計 順調

ランド円のスワップ情報 OANDAジャパンです。 ランド円という

endaka
円高はいつまで続く?過去の周期から見る持続性は!?

反転かと思われていた原油安ですが イランとサウジの対立が収まらず、イ

jeep-72766_640
アメリカ4月利上げの思わせぶりと現実

アメリカは4月利上げするか否か? この3月の後半の動きから、もしかし

→もっと見る

  • Gain Capital Group


PAGE TOP ↑